July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

続ける

今日のプライマリーの練習

リフティングの課題にチャレンジしている選手に問いかける

(5月リフティングさぼってたんじゃないの)

すると素直に『はい』 との答え

今が上手くなるチャンスだから頑張ってと声をかける

夢中になって一生懸命頑張ってた

この選手は必ず出来るようになると確信した

すんだことは仕方ないから今を大切にごまかさないでチャレンジしてほしいと思った

また、今日はやっと開催できた育成会の会議忙しい中で子供達の為に話し合いに参加して頂いた各学年の皆様有難うございました

感謝しています

一年間宜しくお願いします


パイナップル

今年は宿泊を伴うキャンプを中止にしたとたん  石垣島からパイナップルが届く

今年はこれますかと

命と隣り合わせの海でのプログラムな上に

今年はコロナのこともあり洗濯も10人居れば10回にわけなくてはいけないしマスクやゴーグルも10杯の水で別々に洗い消毒しなければいけない

離島に行くにしても船だし感染リスクを避けたり減らしたりしたとしても私には自信がない   そんなこともあり今年は全て 日帰りのデイキャンプに合宿にした

バスにしても座席を開けての移動をしなくてはいけないため大型貸し切りバス

費用はかさむが出来る限りの安心安全を準備してこの夏を乗り越え

子供達には心に残る夏を過ごしてもらいたいと思った

今日昼飯にセブンイレブンのチャンポンを食べた

そこで思った事が選手達の食についてだ

立派なアスリートたちは小学校六年生位で食に関して興味をもち

好きな食べ物を一つ減らし

嫌いな食べ物を食べる事をやっていたようだ

そして頑張れた時に

一番好きな食べ物を食べてモチベーションをあげていた

量ではなく質のよいバランスを考えた食事を選手達には食べてもらいたいなあと思った

練習後にようかんやチーズを食べると疲労回復には良いようだ

りんどう

今日体操の時間にリーダーがかけてくれた歌

WANlMAのりんどう

歌詞が頭から離れない

特に

生きて生きて生き抜いてやれの歌詞が離れない

今の私の心境にピッタリだったのだろう


日焼け

久しぶりのよい天気

久しぶりに選手達の近くでプレーを観ることができた

この3ヶ月の間の過ごしたかでこんなにも違いがあるのかと思える事や景色が沢山あった

私自身も鏡でみた顔、腕の赤さに驚いた

でも嬉しかった頑張ってる選手が多く沢山の可能性や課題が見つかったから

自分の守備は出来ていてもグループやチームの守備は出来ていない

先ずはここからかな

また、

日焼けした自分の顔や腕をみて

まだまだ子供達の成長の為のお手伝いを心を込めてやりなさいと言われてるような気持ちになった


届く

昨夜石垣から石垣島キャンプに参加してくれている保護者から

今年はどんなですか?

とラインが届く

毎年仕事を休みキャンプのお手伝いをしてくれている仲間からも届く

時間、空間、仲間の3つの間を密にしなくてはならないキャンプ

学び多きキャンプも今年ばかりは私の体調も考えると100%大丈夫の自信がない

楽しみにしている子供達の事を思うと心痛むがこれからがある子供達だからこそ我慢しなければいけないこともあると思う。


石垣からも昨日は日食が綺麗に見えたようだ

私もサッカーの始まりに少しだけ観ることができた

次に観ることができるのは10年後の6/1

その日位までは健康で頑張らなければと考えた

石垣から綺麗な夕日の写真まで

届けてくれて有難う



父の日

今日は父の日

自宅に帰ると娘や孫達から通信簿をもらった

父の日がくるのが嫌だった私

父がわりの叔父がなくなり父の日が寂しかった私

病気をした私

今日は父の日が嬉しいと感じた

まだまだ輝く一番星の私でなくてはいけないなあ

しっかりと

ジュニアユースの二、三年生をみていると

しっかりしてきたなあって

つくづく思う

陰でこそこそや意地悪もなくなったし

小学生時代とこんなにも違うのかと思う

それと共に私の言葉かけも変化したなあって自分でも感じる

伝えたいことをしっかりと聞いてくれるし

相談ごとも増えてきた

何回言っても聞く耳を持たない目を合わせられない小学生時代とは違ってきた

人格は否定できないが本当に心の綺麗な選手達になってくれている

それが嬉しくもあり寂しい

寂しいのは何も叱る事がなくなってきたからかもしれない

シャルムで頑張ってくれてるジュニアユースのみんないよいよはじまるよ

悔いなく闘って行こうね

 

楽しみ

ジュニアユースの一年生

沢山の可能性のある選手達が集まった

大切に育てなければならない責任も広がった

かたちや理論にこだわりすぎることなく

コピー選手を育てるのでもなく個性をたいせつにしてあげたい

誰からも応援してもらえる

個性豊かなチームになってくれたらいいなあ


せっかち

せっかちな私は

竹を山に取りに行き油抜きをして2年以上たってからつくり始める釣竿の手元

今年は待つことが出来ず造りはじめてしまった

半年以上釣りにいけてない

早く釣りに行けるといいなあ

心の洗濯の釣りに


<<back|<123456>|next>>
pagetop