May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

六年生

勝負強かった昨年の六年生と今年の六年生を練習態度や練習メニュー等を考えたうえで比べる。明らかに違うのはメンタルとサッカーをどれだけ好きかのようだ。昨年よりも練習を一生懸命やっている。しかし、試合になると練習の60%しか出せない。勝ちた

いとの気持ちの入りかたも違う。勝負強い選手は勝つためにはどうしたら良いかだけを考えてプレーする。勝負弱い選手は負けたらどうしょう、失敗したらどうしょうを考えてプレーする。どちらも練習は一生懸命やっているのだから、闘うときの集中力の差が勝負強さ弱さを分けてるのだろう。メンタルの強さ弱さも集中力の差なので、時間をかけて今年の六年生は成長させてあげたいと思った。



幸せ

幸せって自分の心が決めることだなあって思えた出来事が2つあった。

仕事に行く途中セブンイレブンに立ち寄りサラダとアイスコーヒー用の氷を持ってレジに並び2分ほどまった。前でお金を支払うおばあちゃん、小銭ばかりで三千円ちょっとをカウンターに並べナナコカードに入れたいらしく並べるのに時間がかかってる。おまけにカウンターにある不要な領収書を入れるボックスと小銭をひっくり返した。私も一緒に拾う。最後には当たりカードを引き当て何かを確認してる。その後私に向かって貴方の子供にあげなさいとぷっちょとアメをくれた。今までの私ならとなりの列に並ぶのに、今日はイライラしないで待てた。私が小銭を拾うときサラダを床におき拾ってたので、お店の方がみていたのだろう、新しいのと交換しますねってとりかえてくれた。幸せを感じた。

昨日はシャルムの卒業生がデビューすることになりポスターが届いた。これもまた幸せを感じた。小さな幸せを沢山見つけていこうと思った。

儚い

昨日、久しぶりに釣りに行く。友人との約束だったので疲れてはいたが海に向かった。

60センチのクロダイが釣れることを夢みて。港を出るときはとても良い天気だったし、船頭が突然雨なら船の中で待機出来るからの言葉にのって、半袖半ズボンで雨具も持たず筏にのった。昼過ぎから突然雨がふりだし

私は一人狭い船の操縦席に四時間待機することになった。操縦席に座り込み前を見ると恵比寿さんの姿。恵比寿さんの写真にデッカイ黒鯛が釣れるように願いながら寒さに震えてた。

結局60センチのクロダイを釣る夢はハカナイものとなった。

夢という字にニンベンをつけると儚い(ハカナイ)という字になる。漢字をつくった日本人は凄いと思った。 

親睦会

プライマリーの親睦会が新四年生を交えて行われた。進行は六年生。

プライマリーの選手達と保護者、リーダーがひとつとなり一年間頑張っていけると感じたし、私の責任も大きいと思った。

シャルムのリーダー達は一生懸命だし、私もおじいちゃんになったし、保護者も立派だし

良いこと探しを沢山やって選手達を育てて行きたい。

三勝一敗一分

プライマリーのカップ戦。三勝一敗一分けで2位トーナメントで優勝。

内容は別として一人のひとりの選手達が個人が持っている力を出しきって闘えるようになったことを嬉しく思った。

上を見たらきりがない。しかし、一人ひとりが更なる努力をしてレベルアップ出来るように繰り返しチャレンジしていって欲しい。諦めない限り可能性は0ではない。

泥んこになりながらも良く頑張りました。


雨のち晴れ

今日は全てのカテゴリーが活動よていだったが雨のため4,5年生が練習試合が中止に。

私は六年生の大会に向かう。雨のためグランドはぐちゃぐちゃだったが選手達はリーダーの指示に近いプレーをしてくれた。まだまだのところは多いが少しずつ考えてプレー出来るようになりなったかな。これからに繋がる闘いをしてくれたので雨のち晴れかな。試合が終わると青空が見えていた。明日も笑顔でね。

顔晴れ(がんばれ)。

叱る

今年度のサッカースクールの子供達は個性が強すぎて元気良すぎて大変だ。

話が聞けないから私達指導者の引き付け方が悪いと思い、色々と工夫するがなかなか上手くいかない。もっと子供達が興味が持てるように努力するしかない。

そんなこんなで、駐車場でボールで遊ばない、車の間に入らない、飛び出さないと毎週毎週話をしているが今日遂に車にぶつかった選手達がいた。大事には至らなかったがもっと叱るべきところ、命に関わるところに関してはしっかりと叱ってあげないといけないと思った。 

誇り

今日、ジュニアユース4部リーグ担当の中学校の先生からグランドが綺麗になりましたありがとうございましたとの電話があった。

シャルムの保護者に匿名ボランティアで子供達のために、シャルムの選手達がサッカーをおもいっきり楽しめるようにとの思いで陰で頑張って頂いてる保護者がおられる。

感謝しかなかった。

シャルムの保護者の中にそんな保護者がおられることを誇りに思った。

母の日

今日は母の日。4部リーグにチャレンジしているジュニアユースの一年生。いつも陰ながら応援し、優しく支えてくれている母に、母の日勝利はプレゼント出来なかった。

母に手紙を書いて贈りなさいと解散時に伝えたが何名の子供達が送ったのだろうか。

書く書かないは各選手達が決めることだが、母に感謝するきっかけに今日の日がなってくれたらいいなあ。お母さん試合終了後ドリンクありがとう。

辛抱強く

今日は午前中プライマリー4,5,6年生の練習。早く、やって来た選手達にグランド清掃を手伝って貰う。手伝ってもらってるのに、ちゃんとゴミ拾いしてる子、フラりフラりしている子の差が有りすぎついついイライラしてしまう。皆がゴミが落ちていたら当たり前に拾えるようになってくれる迄辛抱強くやっていかないといけないな。

午後はジュニアユースのリーグ戦のため八代へ。先制点はとれたが、攻撃に入った所で簡単にボール無くしてしまい真剣に奪いに行かなければいけない所でうばえず、結果失点。

逆転は出来たがだめ押しの三点目が入らずチャンスはつくったが後半無得点。最低限の勝ち点は取れたが課題はあった。課題を克服して次に繋げて欲しい。

4部リーグの一年生は2試合目にして初得点。初勝利を期待したい。必ず出来るからしっかり闘っていこうね。

12345>|next>>
pagetop