September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ブルービー

携帯が壊れやっと更新出来るようになった

阿蘇で幸せを運ぶ青い蜂を一匹みつけた

私は幸せだなあって感じることより、何でこんなに苦しいことばかり起きるんだと考えることが多かった

しかし、今日ジュニアユースのトレーニングマッチに行き考え方が間違ってたんじゃないかと思った

それは、グランドの水抜きにスコップ片手に4時間以上も水をかき出してくれてる保護者がいたこと

こんな保護者がいてくれてる私は幸せものなんだと思わずにはいられなかった

4部リーグ

昨日、早起きして4部リーグへと向かう

学校の施設を使用してのリーグ戦の為気を使う事が多かった

同じ学校の選手が相手チームに居ることで選手の中にはやってやるが空回りする選手もいて体調も含めてメンタル面が及ぼす選手達の日頃からの心のケアーの大切さを痛感出来た

闘うサッカー仲間がいることに感謝出来るようになってほしい

ゲーム内容を見たら守備の連動がなかったのでしっかりとトレーニングしなければならないと感じた

4部リーグ2戦2

諦めずに

昨日はプライマリー全員でU-11,U-12のカップ戦に参加

みんなに試合経験をさせたいと四年生から六年生までの24名でのぞむはずが欠席者が多くみんなの疲労はかなりのものとなった

しかし、最後まで歯を食い縛り闘っている5,6年生の姿は四年生にも良い刺激、励みになったのではないかと思った

結果は決勝でPK負けしたが

諦めずに後半同点に追い付く事が出来た5,6年生の成長に私は満足だった

話し合う

今日の事

ジュニアユースの三年生に集まってもらい

チームの問題点等をだしあい

どのように解決してチーム皆で共有して行くべきかを話し合ってもらった

今年の三年生は人数も少なくコロナの影響で遠征や宿泊を伴う合宿もなかった為

後輩たちを引っ張っていく為に必要な機会やチャンス、働きの場が少な過ぎて伝えなくてはいけないこと財産として残していかなくてはならない事が何もないように感じたから

今しかないと思い実行した

私は一切入らず、集まっ選手達だけで話し合い、決まった事を1,2年生に伝えてもらった

自分達で決めたことだからきっと守ってくれるだろうと期待したい

面倒臭いから逃げない

今日グランドの整備に体操教室のかけっこ強化の為に使用するラインをひく

実に面倒臭いし時間もかかる

セパレートコースのラインを引いている途中

余りの暑さにこれくらいでいいかな?

何でこんなことまで私はやってるのだろう?

と考えてしまった

でも、面倒臭いことから逃げたら私は先はないとの想いでやってきたのだから……。

これからも

やり通すしかない

私らしくやり抜くしかない


4部リーグ

やっと始まった4部リーグ

相手チームがどこであれ

はじめて4部リーグ初戦で勝利できたことは良かったし

少しは自信になったかなと感じた

それぞれの選手、良いものをもっているのだから、あきらめないで出来るまでチャレンジしていってほしい

怪我人も多いので焦らずしっかりと治してね


芝生

今日の事

プライマリーの選手達が芝の上に寝転びながらダウンをやっている姿をみた

選手達がタウンすることが出来るまで芝は広がり青々してきた

芝刈りまさおさんや測量うまおさん、そして世界のトヨタさん達が一個ずつ穴を開け植え付けた芝の苗が子供達の笑顔に繋がり始めたことが嬉しかった

食事

私事、今年は体の事を考え毎年恒例のウェットスーツダイエットを止めた

新しいウェットスーツを買うより痩せて、からだをウェットスーツに合わせたが安上がりとの考え(笑)

その為かお腹はでかくなり過去最高の体重となり恥ずかしい体になってしまった

元気を取り戻す為にはしっかりと米を食べようと今日も唐揚げ弁当をしっかりと食べた

食べた分、しっかりと動こうと頑張った

明日はきっと筋肉痛だろう


予測

今日はプライマリー四年生はカップ戦

5,6年生とジュニアユース一年生は今年も選手をジュニアユースに送り込んでくれたチームとのトレーニングマッチ

芝刈りまさおさんや測量うまおさん達がくる日もくる日も草をかりゴミを拾い育て上げたグランドで子供達がのびのびとサッカーを楽しんでくれた

さびだらけのゴールも真っ白になっていた

子供達がこのグランドで技を磨きワンチームとなりサッカーをもっともっと楽しんでくれることが一番の感謝となるだろう

陰で支えてくださる全ての人に感謝できる選手になってもらいたい

今日は4名のジュニアユースの二年生も顔をだして手伝ってくれた

有難う

今日トレーニングマッチをやってくれたチームにシャルムのジュニアユースがどううつったかたのしみである

U-15大会

体力的にもちょっぴり無理してるなあって身体で感じながらも選手達の頑張りを見届けたいとの想いで水俣にU-15大会に向かう

リーダー達も私の事を気づかってくれているのは良くわかり有難いと思う

若い指導者が自分がシャルムという心構えで成長していってほしい

選手達も一生懸命頑張っているんだけれど

全員サッカーが出来てなかったし

チームは掛け算だなあってあらためて感じたまた、陰で努力してきた選手は何かが違ってた。必ず良いことが有るから腐らないで頑張って行ってほしい

今日はPKで負けてしまったけど、もっともっと泥臭くてもいいからハードワークして

試合終了時には相手より一点でも多く点をとっておけるチームになって欲しい

負けて学べる選手、負けても何か得るものをもって帰り自分の力に変えれる選手はきっと自立も早い

自分も他人も大切にできる





12345>|next>>
pagetop